:
科学的なスモッグ対策で中国は多数の部門が連携して難題を攻略する
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-04-28 10:09:04 | 新華網 | 編集: 张一
科学治霾我国将开展多部门联合攻关 蓝天保卫战怎么打?必须要科学地打。 26日召开的国务院常务会议确定,开展由环境保护部牵头,科技、中科院、农业、工信、气象、卫生、高校等多部门和单位协作的集中攻关,针对京津冀及周边地区秋冬季大气重污染成因、重点行业和污染物排放管控技术、居民健康防护等难题开展攻坚,减轻群众呼吸之忧。 环保部部长陈吉宁说,目前,环保部已经在北京、天津等30多个城市开展了PM2.5源解析工作。各地因为产业结构、能源结构不一样,生产生活条件不一样,污染物的来源和构成比例是有差异的,而且差异有时候会很大。即使在同一个城市,由于季节性的变化,污染物来源也会有所变化。 与此同时,重污染天气形成是污染物排放和气象条件综合作用的结果。要真正实现科学治污、精准治霾,就必须在准确预判气象条件变化的基础上,规划和设计大气污染防控的方案,包括精细准确的重污染应对措施。 京津冀及周边区域是我国重污染天气影响最严重的地区。专家提出,将大气污染防治作为京津冀协同发展的重要任务,重点研发趋势预判、精细化防治方案、治理措施成本效益评估等关键技术,建立一个区域大气复合污染应对的科学支撑平台,组建一支重污染过程防控和空气质量保障服务的团队,形成研判——决策——实施——评估——优化的决策支持体系。 科学的なスモッグ対策で中国は多数の部門が連携して難題を攻略する 青空を守るためにいかにして対策を練るのか。科学的な戦略が求められる。 26日に開催された国務院常務会議で、環境保護部が主導し、科学技術、中国科学院、農業、工業情報化、気象、衛生、大学などの多数の部門と機関が連携して集中的に難関を攻略し、北京・天津・河北省及びその周辺地区の秋・冬季の大気の重度汚染の原因、重点業界と汚染物質の排出を管理抑制する技術、住民の健康保護などの難題をめぐり問題点を克服し、群衆の健康への不安を軽減する方針が確定された。 環境保護部の陳吉寧部長は次のように説明した。環境保護部は現在、北京、天津などの30余りの都市でPM2.5汚染源の解析活動を展開している。各地で産業構造、エネルギー構造、生産生活条件が異なるため、汚染物質の汚染源と構成の割合に格差があり、且つ格差が大きくなるときがある。たとえ、同じ都市であっても、季節性の変化によって、汚染物質の汚染源も変化する。 これと同時に、重度汚染の天候は、汚染物質の排出と気象条件が総合的に作用した結果と言える。科学的な汚染対策と正確なスモッグ対策を真に実現するためには、気象条件の変化を正確に予測することを前提に、綿密で正確な重度汚染対応措置を含む大気汚染防止プランを計画・設計しなければならない。 北京市・天津市・河北省及び周辺区域は、中国の重度汚染天候による影響が最も深刻な地域だ。専門家は次のように指摘する。大気汚染対策を北京市・天津市・河北省の協同発展の重要任務として位置付け、動向予測や緻密な対策プラン、カバナンス措置のコスト効果などの重要な技術を重点的に研究開発する。地域の複合的な大気汚染に対処する科学的なサポートシステムを形成し、重度汚染の過程での防止とコントロール及び大気質保障サービスチームを設置し、研究による判断——策定——実施——評価——改善に向けた計画サポートシステムを構築する。 (翻訳/新華網日本語)
 
中日対訳のホームページへ
010020030360000000000000011100441362427461
亿万先生