:
日本人学者、政府が「一帯一路」協力のチャンスをつかむよう連名で呼びかけ
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-05-12 15:43:29 | 新華網 | 編集: 张一
日本学者联名呼吁政府抓住“一带一路”合作机遇 日本学者10日在东京举行联名倡议活动,呼吁政府抓住“一带一路”合作机遇,积极改善日中关系。 日本前驻联合国大使谷口诚在活动中说,举办此次活动是为了呼吁日本政府积极参与“一带一路”倡议合作,进一步加强与中国及世界各国的关系。 谷口诚还呼吁日本尽早加入亚洲基础设施投资银行(亚投行)。他说,日本加入亚投行、积极投身亚洲事业不仅对日中关系发展有好处,对整个亚洲的发展也有利。 日本日中关系研究所所长凌星光是联名倡议活动发起人之一。他说,中国提出的“一带一路”倡议是开放的,没有排他性。倡议虽由中国提出,但相关各国将共同参与,而日本政府缺乏对这种开放性的理解。 日本人学者、政府が「一帯一路」協力のチャンスをつかむよう連名で呼びかけ 日本人学者らが10日、東京で提案活動を連名で行い、「一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)」協力のチャンスをつかみ、日中関係を積極的に改善するよう政府に呼びかけた。 日本の元国連大使谷口誠氏は当活動の中で、今回の活動を行ったのは、「一帯一路」構想の協力に積極的に参加し、中国や世界各国との関係を一層強めるよう日本政府に呼びかけるためだと述べている。 谷口氏はまた、日本がアジアインフラ投資銀行(AIIB)に早期に加盟するよう呼びかけている。谷口氏は、日本がAIIBに加盟し、アジア事業に積極的に身を投じることは、日中関係の発展にプラスとなるだけでなく、アジア全体の発展にも有利だと述べた。 日本・日中関係研究所所長の凌星光氏は連名による提案活動の発起人の一人だ。凌星光氏は次のように述べた。中国が提起した「一帯一路」構想は開放的で、排他的なものではない。この構想は中国により提起されたが、関連諸国が共同で参加することになっている。日本政府にはこのような開放性に対する理解が欠けている。 (翻訳/新華網日本語)
 
中日対訳のホームページへ
010020030360000000000000011100441362772081
亿万先生