:
空母「ロナルド・レーガン」、在日米軍基地を出港
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-05-17 10:06:13 | 新華網 | 編集: 陳辰
  新華網東京5月17日 日本メディアの報道によると、米軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」が16日、定期点検を終了させ、神奈川県にある在日米軍横須賀基地を出港し、巡航任務の執行を開始した。   「ロナルド・レーガン」は米国のニミッツ級の原子力空母で、2003年に就役しており、現在日本・横須賀米軍基地に配備されている。公開データによると、「ロナルド・レーガン」は全長333メートル、幅70メートル余り、満載排水量は10万トン前後だという。   (新華社より)   推薦記事: 日本は韓国の新政権が「慰安婦」問題の日韓合意を着実に履行するように求め 日本の市民団体が財務省高官の「土地価格引き下げ」への刑事責任の追及を求める
新華網日本語

空母「ロナルド・レーガン」、在日米軍基地を出港

新華網日本語 2017-05-17 10:06:13
  新華網東京5月17日 日本メディアの報道によると、米軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」が16日、定期点検を終了させ、神奈川県にある在日米軍横須賀基地を出港し、巡航任務の執行を開始した。   「ロナルド・レーガン」は米国のニミッツ級の原子力空母で、2003年に就役しており、現在日本・横須賀米軍基地に配備されている。公開データによると、「ロナルド・レーガン」は全長333メートル、幅70メートル余り、満載排水量は10万トン前後だという。   (新華社より)   推薦記事: 日本は韓国の新政権が「慰安婦」問題の日韓合意を着実に履行するように求め 日本の市民団体が財務省高官の「土地価格引き下げ」への刑事責任の追及を求める
010020030360000000000000011100561362910101
亿万先生