:
安倍首相が党内に「四天王」を作りたい、極右の3人を指名
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-05-17 13:48:30 | 新華網 | 編集: 陳辰
  新華網北京5月17日(記者/劉秀玲)日本の安倍晋三首相は15日夜、東京で父の安倍晋太郎元外相をしのぶ会に出席した際に、父・安倍晋太郎元外相を真似て、自身が所属する自民党内の派閥に「安倍派四天王」を作り、これから伸びゆく人材として重点に育成したいと述べた。安倍首相と意気投合する極右翼思想で有名な3人が指名された。   『毎日新聞』は安倍首相は同日、「安倍派四天王」の3人の候補者に自ら言及し、それぞれ稲田明美防衛大臣、自民党の下村博文幹事長代行、松野博一文部科学大臣の名前を挙げたと報じた。   稲田防衛大臣は南京大虐殺を否定する書籍を執筆し、日本の侵略の歴史を否認し、極東国際軍事裁判の判決に疑念を示し、軍国主義思想を広め、靖国神社参拝が毎年の「必修科目」になっている。下村幹事長代行は文部科学大臣就任時に、新版歴史教科書の審査業務を主導し、戦後の日本学界における侵略の歴史への反省を「自虐史観」とみなし、日本による「慰安婦」の強制的な従軍を認めて謝罪した「河野談話」の修正を求めた。現任の松野文部科学大臣は終始、日本軍による「慰安婦」徴用の強制性を否認している。   (新華社より)   推薦記事: 米国とトルコの指導者が会談 両国関係の修復に努める 日本の市民団体が財務省高官の「土地価格引き下げ」への刑事責任の追及を求める
新華網日本語

安倍首相が党内に「四天王」を作りたい、極右の3人を指名

新華網日本語 2017-05-17 13:48:30
  新華網北京5月17日(記者/劉秀玲)日本の安倍晋三首相は15日夜、東京で父の安倍晋太郎元外相をしのぶ会に出席した際に、父・安倍晋太郎元外相を真似て、自身が所属する自民党内の派閥に「安倍派四天王」を作り、これから伸びゆく人材として重点に育成したいと述べた。安倍首相と意気投合する極右翼思想で有名な3人が指名された。   『毎日新聞』は安倍首相は同日、「安倍派四天王」の3人の候補者に自ら言及し、それぞれ稲田明美防衛大臣、自民党の下村博文幹事長代行、松野博一文部科学大臣の名前を挙げたと報じた。   稲田防衛大臣は南京大虐殺を否定する書籍を執筆し、日本の侵略の歴史を否認し、極東国際軍事裁判の判決に疑念を示し、軍国主義思想を広め、靖国神社参拝が毎年の「必修科目」になっている。下村幹事長代行は文部科学大臣就任時に、新版歴史教科書の審査業務を主導し、戦後の日本学界における侵略の歴史への反省を「自虐史観」とみなし、日本による「慰安婦」の強制的な従軍を認めて謝罪した「河野談話」の修正を求めた。現任の松野文部科学大臣は終始、日本軍による「慰安婦」徴用の強制性を否認している。   (新華社より)   推薦記事: 米国とトルコの指導者が会談 両国関係の修復に努める 日本の市民団体が財務省高官の「土地価格引き下げ」への刑事責任の追及を求める
010020030360000000000000011100561362915161
亿万先生