:
プーチン大統領が会議を主宰、国家短期軍備計画を協議して策定
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-05-19 10:39:05 | 新華網 | 編集: 陳辰
  新華網モスクワ5月19日(記者/欒海)ロシアのプーチン大統領は17日、ロシア南西部のソチで第9回ロシア高級将領・軍需企業幹部シンポジウムを主宰して開催し、2018年から2025年までのロシア国家軍備計画及び軍隊の短期発展目標を協議を通じて策定した。   ロシア政府公式サイトで公表された情報によると、プーチン大統領はシンポジウムでこの軍備計画は今後8年間にロシアが研究開発して使用する国防軍事技術の最重要方針であり、新式兵器の研究開発を促進し、各兵種の段階的な兵器と装備を保障し、ロシア軍の戦闘力を向上させると述べた。   プーチン大統領の説明によると、2016年にロシアは国防軍需品発注任務の97%を完了し、約5,600点の新式兵器と装備を追加した。現在ロシアが常備軍の現代化装備が占める割合は58%に達している。   (新華社より)   推薦記事: 米国とトルコの指導者が会談 両国関係の修復に努める 日本の市民団体が財務省高官の「土地価格引き下げ」への刑事責任の追及を求める
新華網日本語

プーチン大統領が会議を主宰、国家短期軍備計画を協議して策定

新華網日本語 2017-05-19 10:39:05
  新華網モスクワ5月19日(記者/欒海)ロシアのプーチン大統領は17日、ロシア南西部のソチで第9回ロシア高級将領・軍需企業幹部シンポジウムを主宰して開催し、2018年から2025年までのロシア国家軍備計画及び軍隊の短期発展目標を協議を通じて策定した。   ロシア政府公式サイトで公表された情報によると、プーチン大統領はシンポジウムでこの軍備計画は今後8年間にロシアが研究開発して使用する国防軍事技術の最重要方針であり、新式兵器の研究開発を促進し、各兵種の段階的な兵器と装備を保障し、ロシア軍の戦闘力を向上させると述べた。   プーチン大統領の説明によると、2016年にロシアは国防軍需品発注任務の97%を完了し、約5,600点の新式兵器と装備を追加した。現在ロシアが常備軍の現代化装備が占める割合は58%に達している。   (新華社より)   推薦記事: 米国とトルコの指導者が会談 両国関係の修復に努める 日本の市民団体が財務省高官の「土地価格引き下げ」への刑事責任の追及を求める
010020030360000000000000011100561362975251
亿万先生