:
新華社評論員:イノベーションで科学研究の高峰を勇敢に登る道を追求——海外帰国の戦略的科学者、黄大年氏の人生の啓示
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-05-19 13:25:15 | 新華網 | 編集: 王珊寧
  新華網北京5月19日(新華社評論員)科学技術が発達すれば民族が繁栄し、科学技術の実力が高ければ、国家は強大になる。科学技術関係者にとって、祖国の科学技術革新の時代の激流に献身することは、世界の科学技術強国の建設に貢献することであり、最大の使命を担うことで、最高の栄誉と褒美でもある。   「一生懸命な黄さん」と呼ばれる海外から帰国した戦略的科学者、黄大年氏はかつて「中国が大国から強国になるために、『科学研究の虫』が必要で、まさに私がそうであり、他に思い残すことはない。」と語った。7年間に、黄大年氏は400人余りの科学者を率いて数多くの「中国初」を創造し、中国の「宇宙、地球、深海探査」において多数の技術の空白を埋め、そのうちの多くは世界先端の地位を築いた。亡くなった後にも、記憶が消えることはない。黄大年氏は昼夜を通じて科学研究に没頭し、志を立ててイノベーションに奮闘する歌を書き上げ、高峰を勇敢に登る精神の偉大な石碑を建てた。   科学技術はイノベーションを欠くことができず、イノベーションが遅れてもいけない。科学技術をめぐる競争は、従来から時間とスピードを競い合い、変化を知ることなく、変化に対応せず、変化を求めなければ、受け身になってしまい、発展の機会を逃す恐れもある。黄大年氏はまさにこのような危機意識と強烈な緊迫感を抱き、寸暇を惜しんで自己の生命を限界まで発揮した。黄大年氏は祖国への真摯な愛情、科学研究への熱意を自身の人生のさまざまな成果に濃縮し、人々が継続して探究し、力を合わせて奮闘するように激励している。   科学技術はスピードを競い合い、知恵で勝負する。5年は50年を超える。黄大年氏は大きく立ち遅れていた中国の地球深部探査プロジェクトを一流クラスと匹敵させるためにどんなことをしたのだろうか。探求において、これらは本質を求める彼の気風及び科学的方法と決して切り離すことはできない。黄大年氏が業務において確立した全体構想、策略、手段、方法は、どのように刷新するか、いかにして壁を突破するかについての成功モデルを示したもので、貴重な経験が蓄積されている。   黄大年氏はイノベーションという志を抱き、絶え間なく奮闘し、「荒波が押し寄せる献身者の激流に加わり、歴史を動かして前進して発展する」という自己の理想と目標を実現した。刷新は永久に止まることなく、精神の火種は受け継がれていく。黄大年氏の精神エネルギーは、幅広い科学技術関係者が探索して前進し、イノベーションによって価値のある人生を切り開くことを追求し、崇高な夢を成就させるように激励するだろう。     (新華社より)   関連記事: 生命を祖国に捧げる——海外帰国組の戦略的科学者、黄大年氏の追記
新華網日本語

新華社評論員:イノベーションで科学研究の高峰を勇敢に登る道を追求——海外帰国の戦略的科学者、黄大年氏の人生の啓示

新華網日本語 2017-05-19 13:25:15
  新華網北京5月19日(新華社評論員)科学技術が発達すれば民族が繁栄し、科学技術の実力が高ければ、国家は強大になる。科学技術関係者にとって、祖国の科学技術革新の時代の激流に献身することは、世界の科学技術強国の建設に貢献することであり、最大の使命を担うことで、最高の栄誉と褒美でもある。   「一生懸命な黄さん」と呼ばれる海外から帰国した戦略的科学者、黄大年氏はかつて「中国が大国から強国になるために、『科学研究の虫』が必要で、まさに私がそうであり、他に思い残すことはない。」と語った。7年間に、黄大年氏は400人余りの科学者を率いて数多くの「中国初」を創造し、中国の「宇宙、地球、深海探査」において多数の技術の空白を埋め、そのうちの多くは世界先端の地位を築いた。亡くなった後にも、記憶が消えることはない。黄大年氏は昼夜を通じて科学研究に没頭し、志を立ててイノベーションに奮闘する歌を書き上げ、高峰を勇敢に登る精神の偉大な石碑を建てた。   科学技術はイノベーションを欠くことができず、イノベーションが遅れてもいけない。科学技術をめぐる競争は、従来から時間とスピードを競い合い、変化を知ることなく、変化に対応せず、変化を求めなければ、受け身になってしまい、発展の機会を逃す恐れもある。黄大年氏はまさにこのような危機意識と強烈な緊迫感を抱き、寸暇を惜しんで自己の生命を限界まで発揮した。黄大年氏は祖国への真摯な愛情、科学研究への熱意を自身の人生のさまざまな成果に濃縮し、人々が継続して探究し、力を合わせて奮闘するように激励している。   科学技術はスピードを競い合い、知恵で勝負する。5年は50年を超える。黄大年氏は大きく立ち遅れていた中国の地球深部探査プロジェクトを一流クラスと匹敵させるためにどんなことをしたのだろうか。探求において、これらは本質を求める彼の気風及び科学的方法と決して切り離すことはできない。黄大年氏が業務において確立した全体構想、策略、手段、方法は、どのように刷新するか、いかにして壁を突破するかについての成功モデルを示したもので、貴重な経験が蓄積されている。   黄大年氏はイノベーションという志を抱き、絶え間なく奮闘し、「荒波が押し寄せる献身者の激流に加わり、歴史を動かして前進して発展する」という自己の理想と目標を実現した。刷新は永久に止まることなく、精神の火種は受け継がれていく。黄大年氏の精神エネルギーは、幅広い科学技術関係者が探索して前進し、イノベーションによって価値のある人生を切り開くことを追求し、崇高な夢を成就させるように激励するだろう。     (新華社より)   関連記事: 生命を祖国に捧げる——海外帰国組の戦略的科学者、黄大年氏の追記
010020030360000000000000011100381362978651
亿万先生