:
成都市の市街地で千年の歴史持つ名刹が発見される
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-06-06 10:56:55 | 人民網日本語版/新華網 | 編集: 张一
撮影/新華社記者 劉坤 成都文物考古研究所が4日発表した情報によると、市中心部の実業街で数ヶ月に渡る発掘作業により、福感寺遺跡が発見されたことが明らかとなった。これで古文書にしか記されていなかったこの益州(成都の旧称)の名刹が、再び日の目を見ることになる。 東晋から北宋・南宋まで続いた福感寺は益州の名刹で、常に高僧が滞在していた。しかし唐後期から宋初頭にかけて度重なる大きな戦の影響で、徐々に凋落していった。今回の考古発掘作業のリーダー、成都文物考古研究所の易立副研究員によると、現在まで見つかっている発掘現場は福感寺の一部にすぎないが、塔の基礎、建物の基礎、井戸、道路、水路などの遺跡が見つかっている。また、「金剛経」や「妙法蓮華経」、「仏頂尊勝陀羅尼経」など仏教経典が彫られた経版が1000枚以上、仏・菩薩・羅漢などの石像の破片が5−600個、さらに大量の杯、皿、湯呑みなどの日用品の陶磁器が出土している。
   1 2 3 4 5 6 7   
新華網日本語

成都市の市街地で千年の歴史持つ名刹が発見される

新華網日本語 2017-06-06 10:56:55
撮影/新華社記者 劉坤 成都文物考古研究所が4日発表した情報によると、市中心部の実業街で数ヶ月に渡る発掘作業により、福感寺遺跡が発見されたことが明らかとなった。これで古文書にしか記されていなかったこの益州(成都の旧称)の名刹が、再び日の目を見ることになる。 東晋から北宋・南宋まで続いた福感寺は益州の名刹で、常に高僧が滞在していた。しかし唐後期から宋初頭にかけて度重なる大きな戦の影響で、徐々に凋落していった。今回の考古発掘作業のリーダー、成都文物考古研究所の易立副研究員によると、現在まで見つかっている発掘現場は福感寺の一部にすぎないが、塔の基礎、建物の基礎、井戸、道路、水路などの遺跡が見つかっている。また、「金剛経」や「妙法蓮華経」、「仏頂尊勝陀羅尼経」など仏教経典が彫られた経版が1000枚以上、仏・菩薩・羅漢などの石像の破片が5−600個、さらに大量の杯、皿、湯呑みなどの日用品の陶磁器が出土している。
   1 2 3 4 5 6 7 下一页  
010020030360000000000000011100441363433591
亿万先生