:
日本は「超独身社会」に向かい
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-07-14 09:36:21 | 新華網 | 編集: 陳辰
日本走向“超单身社会” 在日本,约四分之一的日本男性和约七分之一的女性50岁之前从未结过婚。日本政府想方设法解决这一难题,但实际效果不甚理想。有专家认为,日本人口减少将不可避免,“超单身社会”和“单身大国”正在成为日本的新“标签”。 日本国立社会保障与人口问题研究所4月公布关于“终生未婚率”的调查数据,显示2015年50岁之前从未结过婚的日本男性比例约为23.4%,女性比例约为14.1%,与2010年相比均增加了3个百分点,创下历史新高。 对此,日本著名广告与调查公司博报堂最近给予解读。博报堂调查显示,日本男性的“终生未婚率”到2035年将接近30%,女性将接近20%;到2035年日本15岁以上人口中约有4805万是单身者,有配偶者约为5279万,即约有一半日本人会过单身生活。 日本は「超独身社会」に向かい 日本では、約4分の1の日本人男性と約7分の1の女性が50歳までに一度も結婚したことがないという。日本政府はなんとかしてこの難問を解決したいと望んでいるが、実際の効果はあまり理想的なものとは言えないようだ。日本の人口減少は避けられず、「超独身社会」と「独身大国」が日本の新しい「ラベル」になりつつあるとみなす専門家もいる。 日本国立社会保障・人口問題研究所が4月に発表した「生涯未婚率」に関する調査データによると、2015年50歳までに一度も結婚したことがない日本人男性の割合はおよそ23.4%で、女性の割合はおよそ14.1%となり、2010年と比べて3ポイント増加し、過去最高を更新した。 日本の著名な広告・マーケティングリサーチ企業である博報堂が最近、これに対する分析を行った。博報堂の調査によると、日本人男性の「生涯未婚率」は2035年までに30%近くに、女性は20%近くに達し、2035年までに日本の15歳以上の人口のうち約4805万人が独身者となり、配偶者のいる者は約5279万になるという。つまり日本人のおよそ半数が独身生活を送ることになる。(翻訳/新華網日本語)
中日対訳のホームページへ
010020030360000000000000011100561364431421
亿万先生