:
ペンタゴン、米軍はすでに「イスラム国」のシリアでの「大本営」ラッカに進攻
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-07-15 08:21:41 | 新華網 | 編集: 王珊寧
  新華網ワシントン7月15日 米国防省のライアン・ディロン 報道官は12日は、「米軍と米軍が主導する過激派組織『イスラム国』(IS)掃討を目的とする有志国連合は『イスラム国』」のシリアでの『大本営』ラッカに進入し、現地の武装グループに協力し「イスラム国」と戦っている」と述べた。   米軍が支援するシリアのクルド人武装勢力「シリア民主軍(SDF)」は6月6日からラッカに向けて進撃を開始した。「イスラム国」のイラクでの「大本営」であるモスルが奪還されてから、ラッカ戦役は国際世論から「イスラム国」を徹底的に打ち破る鍵となる戦いだとみなされている。   (新華社より)   関連記事: NATO加盟国、多国軍事演習「セイバー・ガーディアン」を実施  
新華網日本語

ペンタゴン、米軍はすでに「イスラム国」のシリアでの「大本営」ラッカに進攻

新華網日本語 2017-07-15 08:21:41
  新華網ワシントン7月15日 米国防省のライアン・ディロン 報道官は12日は、「米軍と米軍が主導する過激派組織『イスラム国』(IS)掃討を目的とする有志国連合は『イスラム国』」のシリアでの『大本営』ラッカに進入し、現地の武装グループに協力し「イスラム国」と戦っている」と述べた。   米軍が支援するシリアのクルド人武装勢力「シリア民主軍(SDF)」は6月6日からラッカに向けて進撃を開始した。「イスラム国」のイラクでの「大本営」であるモスルが奪還されてから、ラッカ戦役は国際世論から「イスラム国」を徹底的に打ち破る鍵となる戦いだとみなされている。   (新華社より)   関連記事: NATO加盟国、多国軍事演習「セイバー・ガーディアン」を実施  
010020030360000000000000011100381364453211
亿万先生