:
針の穴を通るほど極小の世界 台湾の彫刻家
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-07-16 10:53:36 | 人民網日本語版 | 編集: 郭丹
針の穴を通るほど極小の世界 台湾の彫刻家   虫眼鏡を利用して作品を作る陳逢顕さん(7月12日撮影)。 台湾地区新北市の超精密彫刻家の陳逢顕さんは、彫刻の世界に身を投じて30年以上になる。米粒、金、木などの材料で極小の彫刻を生み出し、できあがった作品は針の穴を通るほど、筆の先ほどの超ミクロサイズだ。日々の暮らしと芸術への愛情に支えられて、陳さんは「針の穴を通るほどの極小の世界」を作ってきた。
   1 2   
新華網日本語

針の穴を通るほど極小の世界 台湾の彫刻家

新華網日本語 2017-07-16 10:53:36
針の穴を通るほど極小の世界 台湾の彫刻家   虫眼鏡を利用して作品を作る陳逢顕さん(7月12日撮影)。 台湾地区新北市の超精密彫刻家の陳逢顕さんは、彫刻の世界に身を投じて30年以上になる。米粒、金、木などの材料で極小の彫刻を生み出し、できあがった作品は針の穴を通るほど、筆の先ほどの超ミクロサイズだ。日々の暮らしと芸術への愛情に支えられて、陳さんは「針の穴を通るほどの極小の世界」を作ってきた。
   1 2 下一页  
010020030360000000000000011100531364474251
亿万先生