:
「最後の狩猟民の里」にも近代の風 内蒙古の鄂温克族
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-07-17 09:02:57 | 人民網日本語版/新華網 | 編集: 张一
撮影/新華社記者 連振 今年41歳になる布冬霞さんは、内蒙古自治区根河市敖魯古雅鄂温克民族郷出身の狩猟民だ。小さい頃から両親と一緒に山林で狩りをし、トナカイを飼育してきた。2003年、同郷の狩猟民たちは山中の原始林から山裾の根河市の西部郊外に移り住んだ。布冬霞さんも狩猟民用の新しい家に引っ越し、トナカイを飼うと同時に、家族向け観光事業を発展させてきた。ここ数年、現地政府の支援を受けて、布冬霞さんをはじめとする鄂温克族の狩猟民がトナカイの飼育、家族向け観光事業、民族的な手工芸の加工に力を入れ、事業を発展させ、収入が安定的に増加するとともに、徐々に近代的な生活を送るようになっている。鄂温克とは、「山林に暮らす人」の意味で、敖魯古雅鄂温克民族郷は「中国最後の狩猟民の里」などと呼ばれている。
   1 2 3 4 5 6 7 8 9   
新華網日本語

「最後の狩猟民の里」にも近代の風 内蒙古の鄂温克族

新華網日本語 2017-07-17 09:02:57
撮影/新華社記者 連振 今年41歳になる布冬霞さんは、内蒙古自治区根河市敖魯古雅鄂温克民族郷出身の狩猟民だ。小さい頃から両親と一緒に山林で狩りをし、トナカイを飼育してきた。2003年、同郷の狩猟民たちは山中の原始林から山裾の根河市の西部郊外に移り住んだ。布冬霞さんも狩猟民用の新しい家に引っ越し、トナカイを飼うと同時に、家族向け観光事業を発展させてきた。ここ数年、現地政府の支援を受けて、布冬霞さんをはじめとする鄂温克族の狩猟民がトナカイの飼育、家族向け観光事業、民族的な手工芸の加工に力を入れ、事業を発展させ、収入が安定的に増加するとともに、徐々に近代的な生活を送るようになっている。鄂温克とは、「山林に暮らす人」の意味で、敖魯古雅鄂温克民族郷は「中国最後の狩猟民の里」などと呼ばれている。
   1 2 3 4 5 6 7 8 9 下一页  
010020030360000000000000011100441364488511
亿万先生