:
南京市民の夏の定番はアヒル料理
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-07-17 11:18:32 | 人民網日本語版 | 編集: 陳辰
  夏が到来し、江蘇省南京市の気温は30度を超えた。猛暑の中、多くの南京市民たちは、鹵菜(塩水に五香やしょうゆを加えただしで煮て作ったおかず)を好んで家に買って帰り、ご飯を作る手間を省いている。その中でも、人気が高いのが、アヒルの丸焼きと塩水鴨(アヒルの塩味煮)だ。   夕方になると、会社帰りの多くの人々が、アヒルの丸焼の脚を切り分けたものや塩水鴨半分を買って帰り、家でスープとおかずもう1品を作って、その日の夕食にする。鹵菜店のオーナーは、「毎日早朝4時から夜7時すぎまでアヒルを焼いている。1日に150羽のアヒルが売れる。南京の市民たちのアヒル料理好きは、業界全体のデータから見てもわかるだろう」と話した。   (人民網日本語版)   推薦記事: 真夏に水と親しむ「親水節」スタート 台北市 猛暑日が続く北京市、水遊びをして涼む子供たち
新華網日本語

南京市民の夏の定番はアヒル料理

新華網日本語 2017-07-17 11:18:32
  夏が到来し、江蘇省南京市の気温は30度を超えた。猛暑の中、多くの南京市民たちは、鹵菜(塩水に五香やしょうゆを加えただしで煮て作ったおかず)を好んで家に買って帰り、ご飯を作る手間を省いている。その中でも、人気が高いのが、アヒルの丸焼きと塩水鴨(アヒルの塩味煮)だ。   夕方になると、会社帰りの多くの人々が、アヒルの丸焼の脚を切り分けたものや塩水鴨半分を買って帰り、家でスープとおかずもう1品を作って、その日の夕食にする。鹵菜店のオーナーは、「毎日早朝4時から夜7時すぎまでアヒルを焼いている。1日に150羽のアヒルが売れる。南京の市民たちのアヒル料理好きは、業界全体のデータから見てもわかるだろう」と話した。   (人民網日本語版)   推薦記事: 真夏に水と親しむ「親水節」スタート 台北市 猛暑日が続く北京市、水遊びをして涼む子供たち
010020030360000000000000011100561364494851
亿万先生