:
インドはこれ以上頑迷になるな
jp.xinhuanet.com | 発表時間 2017-07-17 11:17:25 | 新華網 | 編集: 张一
印度不要执迷不悟 印军非法越界几近一个月。尽管中国一再呼吁印方立即无条件将越界边防部队撤回到边界线印方一侧,但迄今印方对此置若罔闻。我们劝告印度不要执迷不悟,陷于更大的被动。 2013年和2014年,中印军队在拉达克附近分别发生过对峙事件,后来通过外交斡旋,最终妥善解决。然而,与过去几年双方边防部队在未定界地区发生摩擦的最根本区别在于,这次是印军首次越过双方已经划定的“锡金段边界”。 外交部发言人耿爽指出,锡金段边界是目前中印间唯一一段已经划定的边界。这段边界已由1890年的《中英会议藏印条约》正式划定,中印两国政府均承认条约的有效性。正因为如此,印度必须撤回其非法越界的军队,这没有任何商量余地。 众所周知,上世纪50年代,中国和印度、缅甸共同倡导“互相尊重主权和领土完整、互不侵犯、互不干涉内政、平等互利、和平共处”的和平共处五项原则。但此次印方非法越界进入他国领土的行径,恰恰践踏了自己倡导的国际关系基本准则。 近年来,印度民间一些带有强烈民族主义色彩的组织,不断煽动反华情绪。在中印边境局势紧张之际,一些组织甚至叫嚣“抵制敌国的商品”。就在这次越界事件发生之际,还有印方高官发出不理性言论,进一步加剧了不必要的紧张。 中国有句古话,和为贵。最近,印度外交秘书苏杰生在新加坡发表谈话,称印度和中国不能让彼此间的分歧演变成争端,“过去我们能解决这些问题,这次没有理由不能处理边界分歧”。我们注意到这种积极的表态,但更希望看到印方采取相应的积极行动。 中方有通过外交方式和平解决问题的意愿,也珍视边境地区的和平安宁,但这一切的前提条件是印方越界人员无条件撤回。希望印方遵守国际法的基本原则,不要执迷不悟。 インドはこれ以上頑迷になるな インドの軍隊が違法に国境線を越えてから約1カ月が過ぎた。中国側はインド側に対し、国境部隊を即刻無条件でインド境界内へ撤退させるように再三求めているものの、インド側はこれに応じていない。中国側はインドが頑迷になり、これ以上受け身の立場に陥らないよう忠告している。 中国・インドの両国軍は2013年と2014年にラダック付近で対峙していた事件があったが、外交手段によって最終的には解決していた。ただ、過去数年間に国境が画定していない地域で両国軍の摩擦が発生した事態と根本的に異なるのは、今回はインド軍が双方の定めた「シッキム地域の国境」を初めて越えた。 外交部の耿爽・報道官によると、シッキム国境は現時点で両国が画定している唯一の国境だ。この地区の国境は1890年に中英間で結ばれた「中英会議蔵印条約」で正式に画定し、両国政府がいずれもその有効性を認めている。このため、インドは違法に越境している軍隊を撤退させるべきであり、交渉の余地はない。 周知の通り、1950年代、中国、インド、ミャンマーは「領土・主権の相互尊重、相互不可侵、相互内政不干渉、平等互恵、平和共存」の平和五原則を共に提唱している。しかし、今回インドが違法に他国の境界内に侵入したことは、正に自己の提唱した国際関係の基本ルールを踏みにじる行為だ。 近年、インドでは強いナショナリズムの特徴を持つ民間組織が反中感情をあおっている。両国の国境情勢が緊張する中、「敵国商品のボイコット」を喚いた組織さえ現れている。今回の越境自体の発生については、インド政府の高官も非理性的な発言をしており、両国間の緊張を不必要に高めている。 中国には、「和を以て貴しとなす」という古い言葉がある。インドのジャイシャンカル外務次官はこのほど、シンガポールで談話を発表し、インドと中国が相互間の食い違いを争いに発展させてはいけない、「我々はこれまでにもこのような問題を解決できた。今回も国境に関する意見の食い違いを解決できない理由はない」と述べた。中国我々ははこの積極的な態度に留意し、インド側が積極的な対応を取ることを希望している。 中国側は外交手段により平和的に問題を解決する意向で、辺境地帯の平和を重視している。しかし、一切の前提条件となるのは、インドの越境部隊が無条件で撤退することだ。インド側が国際法の基本原則を遵守し、頑迷にならないよう期待する。 (翻訳/新華網日本語)
中日対訳のホームページへ 
010020030360000000000000011100441364495061
亿万先生